パナマ バンビート《ハイロースト》 200g

今回のパナマコーヒーを生産する農園は、パナマ西部にあり西側がコスタリカの国境と接するチリキ県にあります。ゲイシャ種のコーヒー農園が多くあることでも有名なこの県はコスタリカから続くコーヒー生産に適した気候をもっているエリアです。

その中でもバンビート地区は冷涼で水源も豊かなためイチゴが名産。街道沿いにはイチゴを加工したジャムやアイスクリームなどを販売している店舗が点在しています。
地区の名前を冠したミネラルウォーターもチリキ全域で販売されており、名水の産地でもあるようです。

バンビート農園にはカトゥーラ、一部ティピカ、ゲイシャなどの品種のコーヒーの木が植えられていますが、今回ご紹介するのはティピカという品種のコーヒーです。

ティピカは18世紀にパリの植物園からカリブ海のマルティニーク島に移植されました。そこからジャマイカや中南米などに広がっていきました。ちなみにジャマイカで栽培されるティピカはブルーマウンテン、ハワイで栽培されるものはハワイ・コナとして有名です。

ティピカの特徴は優しい酸味とクリーンで繊細な味わい。特にクリーンさと繊細さではこの品種を超えるものはありません。

バンビート農園のティピカは柑橘の優しい酸味とクリーンで繊細さがあり、品種の特徴を存分に楽しむことができます。さらに他の産地のティピカに比べるとボディ甘みが強く感じられます。

優しく繊細なティピカ種のコーヒーの良さを感じていただけるよう、浅煎りに仕上げました。
麻煎りでもブレンドのSAVOYに比べると酸味はおだやかでバランスや甘みを重視しています。

デニッシュやレモンのパウンドケーキ、ショートケーキなど軽やかな味わいの食べ物と良く合います。
寝起きからスイスイ飲めますのでぜひ朝のコーヒーとしてもお楽しみください。

香り     ★★☆
フルーティー ★★★
苦味     ☆☆☆
コク     ★☆☆
甘味     ★★★

クロップ:15-16
品種:ティピカ
標高:1,660-1,850m
農園主:ラファエル・アマール
所在:チリキ県ブガバ市バンビート
輸送:リーファーコンテナ
精製:ウォッシュト
販売価格 1,600円(内税)
豆の挽き方

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

GLOBE COFFEE

本当に美味しいコーヒーを、西小山から!
グローブコーヒーは東京・西小山にあるスペシャルティコーヒー専門のビーンズショップです。
最高品質のコーヒー豆だけを店内の焙煎機で丁寧にローストしています。
店名は16世紀にロンドン、テムズ川近くに建てられた劇場 グローブ座に由来しています。
演劇文化を発信したグローブ座のように、当店も本当に美味しいコーヒーの素晴らしさを西小山の街から発信していきます。
GLOBE COFFEE Home
FacebookTwitter