カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
どんなコーヒーをお探しですか?
コンテンツ
レモンの酸と蜂蜜の甘み、中米ならではのクリーンさ
ホンジュラス ラス・クレマス・デ・サンセバスティアン《ハイロースト》 200g
1,500円(内税)
各オプションの詳細情報
豆の挽き方
購入数

ホンジュラス ラス・クレマス・デ・サンセバスティアン《ハイロースト》 200g
1,500円(内税)
ホンジュラスからフレッシュで華やかなコーヒーが入荷しました。
持ち味である綺麗な酸味を存分に楽しめるよう、焙煎度合いはハイローストにしました。

レモンの酸とライトな蜂蜜を思わせる甘み。
限りなく綺麗なカップは中米のコーヒーならではです。

ウイークエンドシトロンなど、レモンを使ったスイーツはもちろん、柑橘のフルーツを使ったケーキやパンに合わせたいコーヒーです。特に暑いときに、コーヒーのみでもすっきり楽しめます。

ホンジュラスは、西にグアテマラ、南にエルサルバドル、東にニカラグアに国境を接し、ちょうど中米の真ん中あたり位置する国です。2011年には中米最大のコーヒー生産国となりましたが、標高が低い場所が多いことやインフラ設備の問題で高品質のコーヒー産地としては認識されていませんでした。近年は一部の意欲的な生産者による品質向上の取組みが目覚ましく世界から注目を集める産地となっています。

サンセバスティアンはホンジュラス西部レンピラ県の産地です。
最高点2,600mに達するセラケ国立公園内パカイータス火山の南麓に位置し、標高1,800-2,000m付近にコーヒー生産者が点在する高標高産地です。
ホンジュラスはカリブ海側の湿った空気の影響を強く受けますが、この地域は太平洋側から乾燥した空気も流れ込みしっかりとした乾季も訪れます。そのため雨季と乾季が明瞭で、ホンジュラスの中でもコーヒー栽培に非常に好適な気候を有する地域となっています。

一方で、サンセバスティアン地域のコーヒー生産の歴史は比較的浅く、始まりは1980年代になってからです。
それも少数の生産者が自家消費用に細々と育てていたに過ぎず、商品作物として本格的に生産されるようになったのは2000年に入ってからのことです。
他の地域で成功をもたらした輸出業者・農事師の指導を受けながら高品質ロットを輩出し、私たちに届けてくれました。

香り     ★★☆
フルーティー ★★★
苦味     ★☆☆
コク     ★☆☆
甘味     ★★★

品種:パカス
生産者:アグア・フリア集落、エル・サナテ集落の農家達
所在:レンピラ県サン・セバスティアン
標高:1,800-2,020m程度
精製:発酵槽を使用したウォッシュト
この商品を購入する